Tシャツ作成はデザインを自分で決めた後は業者に任せてOK!

オリジナルTシャツ

Tシャツの歴史や起源とは?

青色のTシャツ

私たちが暮らしている中で、着たことが無いという方はまずいないと言える程ポピュラーな存在であるTシャツ。そのTシャツが「なぜTシャツと呼ばれているのか?」「どうやって生まれたのか?」を知っている方は逆に多くはありませんよね。そこでTシャツの起源や歴史について調べてみました。Tシャツはアメリカ軍の船内で下着として発祥したと言われています。第一次世界大戦時、アメリカ軍の制服はウール素材で出来ており、夏の暑さに全く適していない状態でした。
そこでヨーロッパ兵が着ていた綿素材のアンダーウェアを参考にして作った綿シャツが現場で非常に好評となり、軍での公式な制服として採用されたのです。その後、当時の軍の活躍から軍の制服などを真似たデザインの服が流行していました。その際に下着製造会社だったヘインズ社がTシャツに注目し、一般向けに販売されるようになったのです。しかしこれまではあくまでもアンダーウェア、つまり下着として普及していました。
ところが第二次大戦後、復員学生が上着無しでTシャツを着続けことが要因となり、アウターとしてそれ1枚での着用が若者を中心に流行。それが今のTシャツのファッションスタイルの原点になっているのです。今ではファッションに無くてはならない存在となっているTシャツは、着やすさや快適さから軍内部で生まれ、若者の手によって今のスタイルが確立されたのです。